産前にやっておきたいこと7選!後悔しない産後を送ってほしいよ!

産前にやっておきたいこと 後悔しない産後 産前

出産後の生活って、大変って言っても、みんなやってるんだし、
なんとかなるでしょ。

って思っている方!!

 

大変さについて色々聞いたりして理解しているつもりでしたが、
いざ、出産後、想像以上で本当に大変でした。

 

出産前の身重だけれど、身軽に動ける今だからこそ、
やったほうがいいこと、私がやらなくて後悔したことを7つまとめました!

 

まだこれから出産するという方は、頭の片隅に入れてくださーい。

 

産前にやりたい7つのこと!

おいしいものをゆっくり食べに行く

 

子供が生まれると、泣いたり暴れたりするので、
他のお客さんに迷惑が掛かり、ゆっくりご飯なんて食べていられません。

そして、外食できたとしても、ファミレス回転すししか行けなくなります。

 

子供用の、ベルト付きの椅子や完全に机に固定できるタイプの椅子がある店
しか行けないからです。

そして、それらの店舗なら騒がしいから、
多少子供が騒いでもお店にいられるからです。

 

狭くておしゃれなカフェやホテルビュッフェなんて絶対に行けなくなります。

 

体重管理は大切ですが、おいしいものをゆっくり食べに行ってください!!
(うちは子供が3歳でもいまだに行けません…。)

 

温泉旅館やシティーホテルに泊まる

 

温泉旅館はかろうじて行けても、温泉に入っていられません。

ベビーはのぼせるし、なくし、おむつだし…。

 

シティーホテルは、ベッドのため、落下の心配があって、
たとえ川の字であっても寝かせられません。

ほんとによく転がるし、向きが変わるのです。

そして、壁が薄いので、夜中に泣いたら…。と思うと寝ていられません。

ぜひ、大人向けの旅行に出かけてください
(うちは3歳でも寝る時間が早いので、連れていけないです。)
(そして帰りたいと言い出すので、のんびり出かけられません。)

独身の友達と会う

 

これは想像つくかもしれませんが、本当に時間が合わなくなり、
連絡が取りづらくなり、全く会話についていけなくなります。

 

友達の仕事が終わるころは、本当にベビーの世話が1日で1番忙しくて、
体力も限界を迎えていて、気力がマイナスになっています。

 

そして、友達も気を遣ってくれて、メールが減ります。

話せない、泣いてばかりのベビーと日中いると、孤独になります。

 

友達とランチしたり、旅行に行ったりして大人だけの生活を楽しんでください

旦那さんにしっかり父親教室に参加してもらう

 

うちの夫は1度も来たことがありませんでした。

そのためか、もともとひねくれているのか、

「育児なんて楽だよー。何度でも言ってやるよ。」

「1日家にいるんだから、クオリティーの高い夕ご飯作れ!」

などの暴言が本当に日常的でした…。

 

正直、出産を経験した人でないと分からないんでしょうね。

 

産後のぼろぼろの体は、毎日の辛い朝も夜もない育児のために回復しません。

 

父親教室に参加してもらう、健診にも来てもらう。

旦那さんに家事をある程度できるようになってもらう

 

1日泣いてばかりの子を放置して家事をするわけにもいかないので、

ベビーばかり構っているとあっという間に1日が終わってしまいます。

 

朝も夜中も区別なく泣くのに、土日も関係なく子育ては続くので
本当に休みはありません。

授乳感覚が3時間と言いますが、実際、新生児の授乳は1回20分かかります。
そしておむつを替えてる25分かかり、

吐き戻しも多いので、着替えさせると、さらに時間が奪われ、
除菌も最初はこまめにやるので、
実際、授乳が終わってから、次の授乳まで2時間程度しかないのです。

しかも、授乳しても泣き続けることも多いです。

 

本当に疲れて体がもたないので、旦那さんにも家事をやってもらえるように
やり方を教える、分担してもらうようにしましょう。

 

旦那さんにも家事を分担してもらうよう日頃から伝える

ベビー肌着を多めに用意する

 

直ぐにサイズアウトしてもったいないと思って
私もあまり購入していなかったのですが、

安くてもいいので余分に用意したほうが手間が減ります。

 

意外とはき戻しが多いうえに、吐く日は何度も吐いて、

「もう着替えがない!」ということもありました。

 

すぐに洗濯機回して、乾かさなきゃと焦るのは、
心労なのです。

 

最初のうちはあまり出かけないので、

いいものを着せたくなりますが、安くてもいいので、
余分に着る物は用意したほうが安心できます。

 

安くていいので、着替えはたくさん!
ママも吐き戻しで着替えが増えます!

旦那さんとたくさん話す

 

ベビーが生まれると、圧倒的に子供優先になり、
旦那さんと話す時間を持てなくなります。

やっぱり出産したママだけが親になっていて、
旦那さんは変わっていない場合が多いです。

出産前に多くコミュニケーションを取っておいて、
産後ママが忙しくなっても「ママ」を理解してもらえるように
夫婦で話す時間を持ってもらいたいです。

 

自然と寄り添ってくれる旦那さんや、
時間をかけて変わってくれる旦那さんもいますが

そうならない人もやっぱりいるので、
産前のコミュニケーションも大事かなと感じました。

 

 

夫婦の時間を大切にしてもらいたい

産前の限られた時間を目一杯楽しんで!

 

ベビーがお腹にいてくれる愛しい期間。

ぜひ、ママになる前のご自身の時間も大切に、
体に気を付けて過ごしてくださいね!

スポンサーリンク
産前 産前産後
スポンサーリンク
koroをフォローする
知育と2歳差男の子育児のノウハウ辞典

コメント

タイトルとURLをコピーしました